大倉く〜ん

ギリギリ国立大生

錦戸亮さん退所に寄せて

自分なりに言語化し、考えを整理しようと思い記事を書きました。

 

 

 

個人の意見をはっきりめに書いているところがあり、気分を悪くされる方がいるかもしれません。私はこれからもグループとして活動を続ける5人の中に担当がいるので、そちら側からの意見になります。そのため、特に錦戸さんを一番に応援されている方、また渋谷さんを応援されている方は読んでいて不快な気分になってしまうかもしれません。そのため、この記事については読むことをあまりおすすめしません。どうか自衛して頂いて、自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうあっという間に9月が終わる 彼はもうすでにグループからは抜けていて、今月の終わりをもってジャニーズではなくなる。

現実味があるようでなくて、わかるようでわからない。発表を見た時からずっとそんな感じ

 

正直、ダメージは渋谷さんの時に比べて少ない。と思う。恐らく、自分が関ジャニ∞に対して抱いていた「永遠だと思っていた気持ち」の大きさの差かな。例えるなら、7人の関ジャニ∞のことをどんなに強い人が正拳突きしても絶対にヒビ一つ入れることのできない強固な壁くらい強固なものだと思っていたとしたら、6人の関ジャニ∞は同じ力で突けばヒビどころかたちまち崩れてしまうんじゃないかな。瓦割りみたいに。ってくらい違った。永遠なんてない。と他でもない錦戸さんが綴っていたことも思い出す

 

もう本当に言葉を選ばず正直に言うと、錦戸さんは7人じゃなきゃダメだったんだろうな。他の5人はそうではなかったんだろうな。これに尽きるな。と 現時点で私自身はそう思っている。一度やってみて、やっぱり違う、ってなったんかな。まあ、これを打ちながら寂しいが。今はなんとなくそうなのかなって思っているので、大倉くんの手紙の中で「チャレンジの方向性の違い」と説明されたこともなんとなく納得がいく気がしている。

 

大倉くんを一番に応援している私が言うのはめちゃくちゃ失礼かもしれないけど、錦戸さんが自らが"アイドル"である意味ややりがい、アイドルである為の原動力、をアイドル活動そのものに果たして見出していたのかが最近わからなくて

ネガティブな意味ではなく、あれだけセンスがあって、己をプロデュースすることにも長けていて、頭の回転が速くて、どうしたら自分が格好良く見えるか、服装から身のこなしから全てわかっていて、趣味嗜好もアイドルど真ん中という訳でもなく、それでもなんでジャニーズで、アイドルでいてくれるんだろう。と思ったことが正直過去にない訳ではない。単純に不思議だった。

やる気がなさそうに見えるとか楽しくなさそうに見えるとかそういう表面的な話でもなく、3月から騒がれ続けた報道否々の話とも関係なく 元々多くを語らない人だというのは重々わかってはいるけど。

それでも、関ジャニ∞にいてくれるところが好きだった。アイドルっぽくないアイドルだったと思う、少なくとも私にとっては。関ジャニの間口を広げた一員だとも思う。

 

友人とも話したけど、今思えば伏線はいくつもあったなあと。

 

 

私の究極の条件が、「大倉くんが」「関ジャニ∞に」いてくれることで。自分が錦戸担だったらという想像がどうしてもできないので、もし今回旅立つことを決めたのが大倉くんだったとしたらと仮定すると、究極条件に含まれる「大倉くん」と「関ジャニ∞」が共存しなくなり成立しなくなる。辞め方とか発表の仕方とかよりも、自分がここまで傾倒して本気で好きになった2つがばらばらになってしまう そのことを受け止めて、受け入れるのに何よりも時間がかかると思う。何の話やねんって感じやね。

 

渋谷さんは腹括った以上とにかく早く伝えよう、が先にきたような発表の仕方だったように思うけど、錦戸さんはありとあらゆる契約条件をすべて加味したタイミングで申し出たように思う。グループを抜ける(脱退という言葉は未だに抵抗感があってあまり使えません)、事務所を辞めることを考えた時に、彼はそこまで計算したのではないか。私の知ってるリョーニシキドはクレバーで頭の切れる人なので、そうなんだろうなと思ってる。退所は9月末で、発表後はレギュラー番組すらもう出なくて、一般の企業の退職と考えたら綺麗すぎるもんな。めちゃくちゃ綺麗に根回ししていたんだろうな。

 

今は、彼が後悔なくアイドルをやり切ったというのならもうそれで良いのではないか。と思うようにもなりました。5人の側からしてみれば、そんな単純な話ではないだろうけど。

 

意外と前を向けているのか、思っていたより早く気持ちが落ち着いてきている自分に自分でもびっくりしてます。慣れたんだな。こんな慣れ嫌だな。

 

関西在住なので、ジャニ勉はもう5人(安田さんが欠席なので4人)だけど、あの番組では個々のお仕事都合でお休みのこともままあるから、まだ5人だけでグループとして活動している姿をはっきり見ている訳ではないので実際問題ちゃんと向き合えてはいないと思う。

 

関ジャニ∞はずっと7人でいて欲しかったと今でも思っています。だからこの先の個々の活動を勝手な自分のものさしで測って、グループを抜けなくても、退所しなくてもできるじゃん、と思うことを一番避けたいです。だから私はもう2人の活動を自らの意思で追うことはないと思います。あの2人を生で見ることもきっともう二度とない。

 

ここから唐突なお手紙です。

錦戸亮さん。21年間、大変お疲れ様でした。

良い年なのにメンバーやファンから国民の弟みたいな扱いをされるところが好きでした。

不言実行なところも共感がもてて好きでした。

レンジャーにほぼ毎週のように綴っていた頑張るという言葉に、時に励まされたり、時に自分も頑張らなければと身が引き締まる思いになったりしていました。

十五祭の福岡2日目に見た貴方はご機嫌で、私が今まで生で見た貴方史上トップレベルでかっこよかったです。

渋谷さんなしの関ジャニ∞を、一度でも本気で引っ張ろうとしてくれたこと忘れん。ありがとう。

お手紙終わり。

 

 

2人とも、どうか私の知らないところで幸せになってください。私はそんなに心が広くなかった。ごめん。

 

 

これからは私は、関ジャニ∞を選んでくれた5人に心から感謝をして愛を注いで応援します。あの人らが燃え尽きるまで

 

 

 

 

 

と、ここまでの文章は

記事を上げた本日30日の時点でほぼ作り終わってて、何度も推敲したから大分淡々と書いたみたいな仕上がりになったけど、やっぱり寂しいから今思ってることを追記します

f:id:otdys:20190930144048j:image

皆めっちゃ良い笑顔してるなあ。いろいろ噂されててどれが本当かはわからないけど、福岡オーラスに撮られたこの写真の時点でもう脱退の話が出ていたかもしれない

でも、皆本当に楽しそう。GR8ESTから十五祭まで、気づけば過去一ツアーも回数入らせてもらい、昨年は番協も含めて沢山関ジャニ∞を直接見る機会に恵まれ、各番組の彼らの発言や動向を注目して見ていた中で、今回はすばるくんの時よりも皆が納得した終わりだったのかなって思っている。去年の別れを経て隠すのが上手になったということもあるかもしれないけど、今の私はそれだけには思えなくて

私が最後に見た9月3日の6人の関ジャニ∞は、昔と何も変わらず本当に楽しそうにライブをしていた。不仲とか仲違いとか、そういうのが理由で抜けていく人がいるグループには全然見えなかった。この目で見てそう感じたことがすべてだと思う。

 

 

 

6人の関ジャニ∞も最高やったよ。ありがとう。