大倉く〜ん

ギリギリ国立大生

関ジャニ'sエイターテインメント ジャム 7/20 @京セラドーム レポ 備忘録

大阪公演一回だけという成長。まずは一回様子見。言いたいこと書き残したいことは山のようにあるので試験期間もろ被りの中書く。結構楽しんだ。順次追記予定。MCも足します。現在約7900字。

 

 

 

 

⚠️ネタバレ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニング映像もかわいかったんだよなあ。関ジャムみたいなモノクロでレコードが回ってて…という感じ。

 

フル:✩ ハーフ:◎


✩1 High Spirits

出てきてすぐ始まった。大倉くんは明るい金髪。想像していたより前髪長いから好みだった。元気コンの時の髪型にあまりにも似ているから、これはきっと元気が出るライブ。始まってすぐに目を合わせて笑う錦戸大倉。

横山のトランペットすごかったよ…!!!びっくりしためっちゃ音出ててドーム歓声。横山さんのトランペットといえばみんな母のような目で見守るのがデフォだったけど、そんな心配いらないくらいムラがない綺麗な音の出た演奏だった。しかし今回横山のパワーアップ度合いが凄過ぎて…10代の子ならまだしも人生の半分以上アイドルの36歳のおじさんが突然ここまで伸びるとはまさか思わないやん。度肝を抜かれた。

 


✩2 勝手に仕上がれ 

この流れは盛り上がるわな。私が見たくて見たくてでも見られなくて一時期曲すら聴けなくなってしまったハイスピからの仕上がれ。7人で演奏しているのが見れて本当に本当に良かった。念願のドラム固定カメラしました。ここでも横山さんの声量と安定感にびびる。安田の台詞巻き舌入っててかっこよかった。会場が沸いた。

  


3 宇宙へ行ったライオン

バンドの鉄板になったね。2サビ前の連打を見るのが毎度好きです。

 

 

多分ここでドラムバックに村上くんの声出し。いつもよりお洒落。ただメンバー全員の個人の挨拶がないのがかなり物足りない…大倉くんの挨拶メモ魔する予定だったんだけどな。

 


✩4 象 

冒頭にドラムの頭上カメラがあって歓喜。大倉くんのドラムロール(勝手に呼んでる)から始まる象。前ツアーを思い出させる。安田の歌い出しの安定感。ここのモニターで抜かれた部分で初めて安田をしっかり見た。誰?!?!となった。関ジャニ∞に知らない人がいる。刺青みたいなアンダーシャツのインパクトがすごい。2番Aメロ珍しく渋谷さんが走って歌い出してしまって、大倉くんは少しリズム調整しながら叩いていて、自分のソロで持ち直していた。他のメンバーもドラムに合わせて演奏していて、リズムが崩れることなく曲は進んでいった。バンド関ジャニ∞の対応力を見た。

 


✩5 Traffic

ひっそり大好き…ロックオン逆に勿体無いなと思ったのでこの曲はモニターで歌詞と一緒に見た。こういった楽しみ方をするのはTokyoholic以来。錦戸プロデュースにしっかりハマる私。お洒落サウンドで歌詞も良い。結果良曲。

錦戸さんのリフ?が流れた瞬間きた〜っと思った。錦戸さんの上ハモがよく聞こえました。

渋谷さん2番Aメロ美人なお姉さんで指差し?

2番Bメロ終わりのドラムもっとちゃんと見たい。

お洒落かつ難しそうな曲だなあと思ったけど歌も演奏もCD通りのクオリティーであったので、おっ!と思いました。上手くなったね…みんな…

大倉くんステージ袖のスタッフさんに右手にテーピングを要求します。

 


✩6 生きろ

照明が綺麗。これ絶対野外がめちゃくちゃ似合う曲。ここ数年安田さんの声量もすごいけど、横山さんの声量もすごかったんよ…失礼な話口パクか?!ってくらい音源に忠実だった。素晴らしい。サビだけ7分割カメラに。大倉くん死にそうな顔でびびる。大倉くん元気?!?!例えるならイケメンカメラ目線陸上の鯉(安田)若しくは初老…に見えて、大丈夫?!体調悪い?!と心配する(前科有)

2番Aメロではいつも通りだったので少し安心した。

 

 

小休止。めっちゃ暑いと口々に言っておりました。

村上くん「ゆっくり楽しんでください」

この発言今考えると次への布石。

 


◎7 侍唄

ここで座ったの私ですごめんなさい。いやもう…足が疲れて…この曲がきた時点で一旦ちょっとごめん座る…となった。バラードだから。横揺れ楽しかった。なおお隣もそのお隣も着席して皆自担にロックオンの姿勢だったため、意図せずして3人野鳥の会が誕生しておりました。

考えてみたら侍唄も元気コン以来で、もう絶対これは元気コンのオマージュも込みでセットリスト作ったのでは???

 


✩8 夢への帰り道

この曲もバンドなのか。切ない良い曲だなあ。丸さん歌い出し、2番目に大倉くんソロ。そりゃ当たり前に良い声なんだけど聴き込めてないのがあり反応が遅れたのでここもリベンジします。ピアノが効いてる。村上くんが頑張ってくれる。照明が綺麗だったんだよなあ…朝焼けや夕焼けの歌詞に合わせて色が変わる。これは横揺れのノリ。

 


✩9 Tokyoholic

バラードで終わるかと思いきやもうひと山くるとは思いませんでした。立ちます。この辺りから、大倉くんがんばれ( ; _ ; )しんどいね( ; _ ; )右手大丈夫か( ; _ ; )と思いながら双眼鏡してました。過保護。

丸さんの台詞パートの横山のトランペットめっちゃよかった。音が出ていた。継続は力なりを体現する横山さん。

東京への依存が生じるところの記憶があんまりない。反省。

 Tokyo!の時の村上くんの煽りが面白くて笑ってしまった。テンプレかのように同じ動きを繰り返す村上くん。

 


✩10 S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き

侍唄→夢へのでバンドのターン終わりかと思ったらこの曲がまさかのこのタイミングできてこれはテーピングいるわと思う。バンドでやっちゃうんや。

これはもう横山村上のボーカルバトル(勝手に呼んでる)でしょう。マイクの位置の加減で向かい合いながら歌うんですよ…

大倉くんはワンツーワンツー(アップトゥーアップトゥー)隊です。なおこの曲大倉くんは曲タイトルとワンツーワンツーのところしか歌っていません。そしてワンツーワンツー言わない時もあることがわかった。

渋谷錦戸の七転八倒〜のところドラムがよく聴こえるのでもっとちゃんと聴きたいし見たい。

しかしこの曲連打が多くてもっと乱れ打ちしてるイメージだったんだけど、思ったより軽めに手首のスナップだけで叩いている感じであ、そういう感じなのねと思った。後半バンドメドレーでいつかのツアーでもう一度見たいかな。楽器隊大倉くんだけメインで、2人はインカムで、他4人はわが身ひとつで花道走り回るやつ。09-10とか、E×Eみたいな。今はもう全員ちゃんと手に職(楽器)つけたからみんなでやればいいんだけど、会場巻き込んで盛り上がってる感じが好きだったからあえて戻す曲があってもいいと思うなあと唐突に思ったので書いてみました。

 


✩11 NOROSHI

これなあ……前ツアーの印象がものすごく強いから、わたしは前の方が好きかもしれない。勿論演奏や歌のクオリティー否々ではなくてむしろ安定感は増してるし、気持ちもしっかり入ってるんだけど、タイミングの問題というかなんというか。

最近の曲なのに、なんかもうしっかり安定。LIFEくらい。いや言い過ぎかな。

横山のトランペット。すごい。音が出ている。CD通り。

 

 

MC的な

また書きます。花道歩いてきてセンステにて。

 

 

12 奇跡の人

 大倉くん1塁側サイドで途中停止( ; _ ; )/~~~大変よく見えました

永遠にツーステップする大倉くんをひたすら双眼鏡で眺めるだけのお仕事。

ラスト横一列、大倉安田が顔見合わせて歌う→前向く→顔見合わせる の繰り返し。大倉くんが笑って折れる。

 

 

 

映像。小休止。後半戦。

✩13 JAM LADY

この曲いいよなあ…メイン上部から登場。楽しい。「改めまして関ジャニ∞で〜す!」(安田)

ただ、大倉くんの登場の立ち位置鉄塔に被って見えない問題。絶対リベンジ案件。しかしこの曲聴けば聴く程歌詞が下ネタすぎてすごい。えげつない。OKOKOKLet'sgoの錦戸ソロ好き。CDに忠実な歌い方で嬉しかった。サビは踊れそう。その後のソロ。エロテロリストって大倉くんに歌わせたのは安田?ありがとうございます。キミにつけた名はエロテロリスト。そしてこのタイミングで髪かきあげって聞いてたのにちょっと走ってメロメロ辺りでかきあげた。聞いてない。広い

身も心も〜の村上くんはぎりセーフだったけど明日のこと気にしないやつ〜のところ横山さんちょっと音程迷子になっていた。難しいよな。

夏歌感がすごい。

 


◎14 罪と夏

最初のポーズできた!とわかる。夏に聴く罪と夏ってなんでこんなに楽しいんだろう。花道にできた水のアーチを通ってセンステへ。水滴が落ちてくるらしく、いてっいてっみたいな感じで頭を押さえながら歩く大倉くん。ちょっとだけ間抜け。でも誘ってんじゃね?で錦戸と一緒に前に出てくるのかっこよかったなあ。サビはセンステ。いやほんと楽しいよな。アモーレ、パーティーガールはマイクを向ける。キスマーク飛ばす南風は歌い終わってから投げキス。安定。このへんバクステ到着。鉄塔…………

 


✩15 DO NA I

間髪入れずにこれでもかと詰め込んでくる……そもそも曲だけでDONAI好きすぎるからだめ。今回のアルバムで一番好きだからだめ。目が追いつかない。ただバクステ鉄塔被りで3塁側の大倉くんが全く見えないことに気づき焦る。

君を楽しませるのが〜は横山大倉見てしまうから他5人のダンスも見たい。

村上くんのソロラップめっちゃ好き。村上くんとガヤ6人の構図が良いし、カメラに向かってぞろぞろ移動する感じが好き。

2回目のサビの移動が良き。お洒落移動。横山のソロもばっちり。ほらいい顔してるの村上くん。最後が村上くんなのがまた良い。ほらいい顔してる、と歌う、いい顔の村上くんがちゃんと抜かれて映っていました。良き。

ただ鉄塔が邪魔をする。大倉くん下手が多いのでもろ被りで何も見えない。ラストサビ最下手で鉄塔に被り背中すら見えない。嘘やろ一番楽しみにして来たのに。絶対にバクステ付近でリベンジしたいです。

 


◎16 キング オブ 男!

最初のターンの手省略。これはトロッコ移動しかも大倉くんは3塁側なので特にこれといってない。

面子なんて〜は大倉くんのソロコン。

気まずい手繋ぎがしっと。ゼロズレだったので思わず見てしまう。沸く1塁側小島周辺。

 


◎17 なぐりがきBEAT

大倉くんメイン1塁寄り停止☺サビをゆる〜く踊る。これもやはりまるくらちゃんで見たいと思ってしまってニコイチじゃないとなんか少し物足りない感があったな。大倉くんがrun and run and runを踊ってる記憶が濃いの何故。

 

 

✩18 Answer

大号泣案件。担当のみなさまおめでとうございます。これは泣ける。もう大人の発表会。

三人のメンバーカラーだけを使って作られた衣装を着てサビでばりばり踊る三人のバックに、Jr.時代の三人の写真がでかでかと映るんですよ…歌詞も総じてなにこのエモい演出は…いやほんとこの演出考えたの誰…リサイタルの君だけに100倍超えてきたわって感じ…

とにかく曲も演出も素晴らしすぎて、三馬鹿尊い…とあれ観たら全員思わされる。これはもう完全に3人のためだけの空間。ヨコヒナさんの高音がちゃんと出ててめっちゃ成長感じたし早くもう一度見たい…求め始めている…小さい声ですごい!すごい!言いながら見てた…

しかもちゃんとしっかり(重要)踊ってるんですよ…後半にかけて、三人が三角形作ってトップを入れ替わり立ち代わりしながら。感動した。しかも上手い。すばるくんちゃんと踊ってるの久しぶりに見た気がする…袖捲って七分袖にしていてかっこ良かった。おじさんたち全然踊れるよ〜がんばって〜めっちゃよかったよ〜( ; _ ; )

 


✩19 ノスタルジア

大倉くんが1塁側小島の噂のノスタルジアです………大勝利………席発券して見た瞬間これはノスタルジアだ!と期待しました。そうだ歌い出しが大倉くんだった…

1サビ丸々から間奏までずっとスタンド側向いて踊ってくれたので、正面からかなりしっかり見れてむりむりむり〜やばいと小声で呟きながら必死で双眼鏡を覗くわたし(ヤバい人)

しっかり踊れる4人なので綺麗でした。大倉くんしか見てないけれども。ごめんなさい。

このノスタルジア各所で評価がめちゃくちゃ高い。ぜひもっと曲を聴きこんでもっと好きになりたいと思う。これも絶対俯瞰で見たら照明と4人のダンスのシンクロ具合が綺麗なんだろうなと思いつつも、大倉くんを追うことをやめられない私。残念。

 


◎20 Sorry Sorry Love

まさかの衣装ノスタルジアに合わせるんかい!!!!!人が増えた!!!今回後半ブロック特に謎衣装多いけど、この衣装が個人的にぶっちぎりナンバーワンなんですけどどなたかわかってほしい。ノスタルジアだけならわかるけどここからは違う。顔がかっこいいからいいけど。(極論)

ソリソリ懐かしすぎた。JBの時はJAM LADYみたいにステージ上から登場だったから最初あんまり踊ってなかったけど、今回センステで広く使ってがっつり踊っていて良かった。多分振り増えてる。

やいやいや〜のこなれ感。JBの時も毎回見守ってたけどウェーブ成長していた。

ここの落ちサビも横山よかったなあ…ボイトレってすごいなあ…

 


◎21 WASABI

全私が泣いたWASABI。(心の中で)やっとやっとやっと見れた。正直この目で見れる日が来るとは思ってなかった”7人の”WASABI。めちゃくちゃ嬉しかったです。セトリに入れてくれた人ありがとう。

落ちサビの錦戸と二人で中心で歌って5人がヘドバンするところよ。涙もの。

ただお察しの通りこの曲も最終バクステの為鉄塔が邪魔をします。半分くらいしか見えていません。大倉くんアウトロ最下手なのでエアギター見えなかった。安田が丁度見えた。ロック。絶対リベンジする。一度は絶対バクステ付近🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻

 

 

✩22 えげつない

いや突然ヲタ芸始まった………1塁側丁度こちら側を向いて腰落としたかと思ったら突然ヲタ芸が始まった。キスマイ宮田くんがよくやるやつ。ロマンス。

サビはももクロと認識していますがこれも大倉くん一番下手にいるのを真横から見る形なので見えず。やはりバクステ正面のスタンドに入るしかない。

ラップバトル、黒の革的なソファーが両サイドに2つ。スタンド向き。ラップしないメンバーは座ってガヤ飛ばす。大倉くんは下手のソファー、村上くんは上手ソファーの肘置きに座っていた。

大倉安田のラップバトルの崩壊。

大倉「今日は…焼きそばかな?」

安田「この………金髪〜!」

髪型のディスり合い。

MC村上くん「ラップちゃうやんけ!喋っとるがな!ラップを聞かせてくれラップを!!」

渋谷横山は忠実なラップ。大倉くんはメインステモニターを見ていた。

横山のようけ頼むなの言い方がツボだったりする。

普通にCD通りラップをしただけでおお〜!!!となる会場。いやそれが通常なんやけどな?

村上くんと「こういうことや!ラップって!こういうのをしてくれ!!」

錦戸丸山。CDで聴いた時から錦戸怖いと思っていました。錦戸が丸さんにどんどん詰め寄りながらラップしていて丸さんがじりじり後ずさりする、まさにCDで聴いていたイメージ通りすぎてわらった。最終耳元でまる”やま”ぁぁぁぁ!!!って叫んでいた。

丸さんのラップは腕8の字回し。ヲタク感のある大倉くんと(多分それで正解)同じ振りなのになんかお洒落な錦戸。

あ〜えげつないのサビ踊りたいなあ。

 

 

 

 映像:ネバネバ熱々ローション

熱々ローションの意味がわからない…ローションが熱いとは…?前公演大倉くんの回の映像も映る。真ん中が怪しいから嫌やと譲り合う(押し付け合うともいう)面々。結局ドボンは⑤、ターゲットは錦戸亮。わかった途端に沸く会場。直線走って壁を破って飛び込む。おそらくレーン6つはマット、1つだけローション。(超滑る。しかも泥温泉のような色をしている)勢い良く飛び込んでローションまみれになる錦戸亮。なお服装はスーツ。ちょー!最悪や!!と言いつつでもなんかかっこよかった。そのままカメラ目線で曲振り。しかしなぜだろう…すごく爽やかであった…ローションまみれなのに…

 

 


✩23 Never Say Never

このアリトロめっちゃゆっくりだった。ファンサチャンス。大倉くんにこにこしててよかったなあと思った。もうにこにこしてくれてたらそれでいいよ。サビ前の囁く台詞は2回とも大倉くんのカメラチャンスなので見逃さない。(メモ)

 


◎24 ナントカナルサ

そうであった。元気コンの再来。この曲は元気で歌った?あのライブはもう私の記憶の中から抹消されているので分からない。この辺本当縦横無尽て感じ。後半入る時の注意事項映像で、バンドばかりで関ジャニ∞メンバーの動きが少ない?今からメンバーがみんなの元に行くかもよ!みたいな台詞が入るんだけど、本当その通りだった。

 


◎25 前向きスクリーム!

もうあの全力前向きがないと満足できないようになってしまった。つらすぎ。

 


✩26 今

爽やかに終了。ごめんもっと書くから待ってください。

 

 

 ここでありがとうございましたタイム入る。手繋ぎはまだ。

 最後7人がぎゅっと扉を隔てた奥の空間に入って、だんだんと扉が閉まって行くというはけ方なんだけど、歩いてはけるよりもアイドル感があったな。前に同じようなはけ方したのは09-10のカウコンや十祭とかかな。閉まりかけの扉の隙間からこちら側に向けてあれこれやってくれる感じが良き。

 

 

アンコール

◎27 純情恋花火

先ほどの閉まった扉が開いて全員浴衣で登場。なお村上くんはタオルを頭に巻いて完全に近所のおじさん。イントロが流れた時の会場の沸き方すごかった。でもわたしはやっぱり十祭の純情恋花火が忘れられない。

とーんさんの振りコピが見るの楽しい。優雅。

 


◎28 パノラマ

やばい全く覚えてない。(フロートだから)最初の2:2:3がまるくらちゃんじゃなくて錦戸大倉だったことしか思い出せない。。歌い出しの大倉村上パートで村上くんが事故る。大倉くん「だいじょうぶぅ?!?!」

 

 

◎29 ズッコケ男道

通常運転。

 


✩30 青春のすべて

 泣きそうになった。青春を共に過ごした仲間との別れという感じの歌詞で、℃-uteちゃんがよぎってもう少しで泣くところだった。良い曲…

 

 

手繋ぎ。銀テープフラッシュ。今回スタンドに全然飛んでない。アリーナは比較的満遍なく降ってたけど、スタンド取れてたの多分鉄塔周りだけ。わたしエイタメの時もろ鉄塔正面スタ前列だったんだよ今回みたいに通常の180°セットだったら銀テ山ほど降ってきてたわ…

 

村上くん「銀テープ一人一本やぞ!!!」

大倉くん「銀テープ大事にしろよ!」