読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大倉く〜ん

ギリギリ国立大生

受験生終了


完全に私事ですが、昨日大学に合格しました。春から大学生になれます…!

経済的な理由ですべり止めを一切受けず前期試験も落ちたためこれがだめだったら浪人だった。


センターは何というか科目毎の出来不出来の差が大きくて、全部足したらマイナスみたいな感じだった。センター後に出願校を決める面談のとき、担任にお前が今もう一回受けたら普通に+100〜150点は取れると思うと言われたのが引っかかっていたのもあって、もう一年頑張って志望校のランク上げようかとか後期試験が終わってからはとにかくいろんなこと考えた。落ちててもポジティブに受け入れられるように…

ツアーなんかは年一しかないからまあいいけど多分年末年始のセンター付近だから思うように入れないだろうな次のツアーもそれはちょっと嫌だなとか。

でも推薦前期後期って全部違うところ受けた結果受かったところだから、自分はそこに一番向いてるってことだったのかなって思ってる。直前の模試では前期のところも推薦のところもA判定B判定出てたけどな。センターこけすぎって言われた。でも何も後悔してない。浪人するにもお金が要るしなあ、、、


思えばセンター後から後期の発表まで気持ちよく寝られた日なんてなかった。横になると落ちることばかり考えてしまって全っ然寝れなかった。夜中の2時とかに何をするでもなく机の前にぼーっと座ってることもあった。女の子の日の周期はめちゃくちゃに狂うしささくれめくりすぎて指ぼろっぼろだったし結膜炎になったり血便出たり本当最後の方汚くて申し訳ないけど心も体もボロボロで壮絶な受験期だった本当に。すべり止めが一校でもあったらこんなことにはならないと思うので、これから大学受験を迎える皆さんはなるべくならすべり止めを受けた方がいいと思う…自分は幸いにも周りに同じ境遇の子がいたのでその子と共に励まし合って頑張ってた。常に崖っぷちやな、とか言って

そんな感じだったから、今合格通知が手元にあることが素直に嬉しいです。


受験勉強それなりに頑張ったから、合格体験記とか言うのもおこがましいけどいつどんなことをしたみたいなのはここに残しておけたらと思っているのでまた記事書きに来ます。




今日はイフオア観に行って来ました。個人的には4年目。前期落ちたのがわかった日に母にチケット渡されて、おめでとういってらっしゃいって言おうと思ってたのにとか言われて。大分落ち込んだけど後期の合格発表の次の日のチケットってわかったときに、受かって村上くんに会いに行こうって思って切り替えて頑張れた。と思う。おかげさまで有言実行できて例年よりも観に行けるありがたみを感じたしすごく楽しかった。仕事ができる男村上信五はやっぱり今年も格好良かった。観た人が抱かれたいとかリア恋枠とか言ってる意味がよくわかった。わかる。


最終これ何の話。終わります。文章とっ散らかっててごめんなさい