大倉く〜ん

ギリギリ国立大生

ライブに行ったら担当がいなかった話

2016年1月17日、関ジャニ∞の元気が出るLIVE‼︎最終公演、見たかった彼はいなかった。
 
一人のしがない大倉担があの公演を見て何を感じたかの記録。京セラがトラウマになりそう。
 
 
ごめんなさいちょっとだけ吐き出させてくださいここで 自己処理。ひっそりやるから
我ながら重いです。暗いです。長いです。それでも大丈夫な方のみスクロールお願いします。
 
 
 
 
受験生の私は一昨日、昨日とセンター試験を受けていました。今回の冬ツアーは行かない、行けないと思っていました。
でもいざツアーの日程が発表されて、自分の受験会場との距離と開演時間を考えた時、文系の自分はオーラスなら2日目が終わってすぐ向かえば間に合う、と思った。センター試験が終わった日に家に帰ってそれからまたばりばり勉強なんてできないし、根っからのヲタである自分にとって息抜きって多分ライブで。この辺で一回息抜きしてもいいんじゃないって母にも言われて申し込んだ。オーラス一本釣りで1名義のみ使って。当たらなかったら縁がなかったってことで譲りを探してまでは行かないと決めていた。その名義最近全然だめだったから、まさかって思ってた。
 
でも、当たったのだった。正直オーラス4連とか当たるかよって思ってた。その時勉強もあまり思うようにいっていなかったので行くのやめようかなとも考えました。が、皆センター終わったら一回は遊ぶって言ってて、じゃあ自分はその一回を終わったその日にしてしまえばいいんじゃないかなと思って行くことにした。
 
そして迎えた最高に気を張った2日間。1日目終わった後の混雑と試験の会場からの駅の遠さからして開演に間に合う気がしていなかったのですが、最後の科目の数学ⅡBで散った私はやけくそになり駅まで超ダッシュしなんとか開演20分前に京セラドームに着いたのだった。
いつも通学の時に電車から見えるドームはセンター終わるまで近いのにとても遠くに見えて、やっとここまでたどり着いたのか〜って思った。
 
開演時間15分前に席についた。1年ぶりのドームが懐かしかった。諸々準備しながら16時過ぎてるな、押してるのかなと思ってた。そしたらまだ明るい会場のステージに人が出てきた。
 
もともと目は良くないし席からメンステは遠かったので、ステージに出てきた時も誰か認識できなくて。でも歓声の感じからして本人たちだなとわかった。時期が時期だし雰囲気が完全にやばかったから解散するのかなと一瞬思った。 
 
そして、村上くんが大倉くんがいないんですがって言った時に初めていないことに気づいて。事情を話され今日はいないとか言われても全く理解できなくて、は?って感じで……大丈夫?って母に聞かれたけどいや無理って首を振ることしかできなかった。注意事項のVTRが流れている間もぼんやりしてて。そして周りの大倉担の切り替えの速さが訳分からなかった。それほどショックを受ける訳でもなく、6人でやってもいいですかって言ってる時には皆拍手しててなんでそんなことができるんだと思いながら見ていた。恐らく大倉担であろう隣のお姉さんだけはずっと泣いていて、自分含めてここだけが終始お通夜状態だった。
 
 
 
 
 
帰れなかった。このツアー一度も見ることができずに終わる方が嫌だと思った。正直帰るという選択肢を考える暇なく始まってしまったのもあるけど。あとパフォーマンスはできないにしても顔くらい最後にでもちょっと出してくれるんじゃないのかなって馬鹿みたいなこと考えてたから。
 
 
 
 
 
OPの映像も見たかったはずなのに全く身が入らず茫然としていて そこには映ってるのに本当に出てこないの?
円陣の中継の時もやっぱり7人いるんじゃないかと思ってしまった。ぞろぞろ歩いてたら6人が7人にも見えるやろ。横山が彼の衣装着てたとか言われてもわかりません。大倉の分まで皆も叫んでくれみたいなこと言ってたけどあそこっていつもはファン参加型じゃないんですか?
 
当たり前だけど自分にとってはこのツアーこの日が最初で最後のライブだった。ライブが行われていた週末は勉強していた。ネタバレは一切調べていなかった、というより調べないようにしてた。確かにWSは多少見てしまっていたしセットリストもほんのり知ってしまってはいたから、完全なネタバレ回避はできていない。
 
でも「いつも」の公演がどういう演出だったのか、どんな流れだったのか、自分は何も知らない。もう自分の目で見ることはできない。それがつらかった。いや今もつらい。
 
それで最初にキングオブでシルエットが見えた時立ち位置が空いてるの見てああこれ無理って 去年直接何回も見た曲である分ここでこうとか自分でも呆れるくらい覚えてて違和感がすごくて 面子なんて〜のとことかまじでいつものやつ鮮明に思い出しすぎて。
 
その後のへそ曲がり〜もんじゃいもいつも聞こえるところで歌ってる声が聞こえない、何回見てもステージに6人しかいない、っていうのがなんかもう信じられなくて。当たり前のように画面が6分割されていたのが本気でつらかった。彼のところだけCLOSEDとかにしてくれたならよかったのに。自分の知っているセットリストを思い浮かべて、これの彼なしのものを今から見るのかと思いながらステージを眺めてぼーっとしていた。この先がとてつもなく長い時間に思えた。この辺りでメンバー皆大倉うちわ持ち出して大倉大倉替え歌するし それを全員がやりすぎてて逆に心をえぐられまくった気持ちになった。
持ってたキンブレも無意識に緑にしてて、もう椅子にもたれてステージをただぼんやり見つめるしかなかった。自力で立っていられなかった。ツアーのペンライトすら持つ気にならなかったし、持つ意味がないと思った。結局一回も使わなかったので自慢じゃないけど新品未使用で譲れる。
 
言ったじゃないかはセンステだったからこの後と比べたらまだそこまでって感じで。丸山の言わんこっちゃないに関しては意味はあんまりわからないけど半泣きで不覚にもちょっと笑ったほどだった。ここ数年バンド曲では双眼鏡でひたすらドラミングを見ること以外したことがなく、手持ち無沙汰になってしまったのでムービングを動かしてるスタッフさんの数を数えた。左側に6人いたから右側も多分6人で合計12人。お疲れ様です。
 
でも、ムービングせり上がってバンドでバクステに来た時がだめだった。第一波だった。今回の席、中央Cブロックでずっと入りたかった席で本当に近くて。
でも近づいてくるステージのドラムセットは空だし、ドリンクホルダーまで去年見たまんま変わらずあって。無人というよりも空って感じだった。他のメンバーこんな近いのになんでここにいないんだろうって涙止まらなかった。LIFEもヘブンリもいつもの大サビが違う、やっぱり何かが違うって勝手に耳が感じてしまって余計に泣いた。
すごく個人的な話なんですが長居の8ESTの時もアリーナで担当が通る通路横のチケットが来たのに中止、∞祭も通路横だったのに担当だけは通らなくて結果他メンバーを恐ろしい近さで見るという典型的にも程がある担当運のなさで、でも今回こそはって思ってたのに。
 
最近は番組やイベントで見た彼の言動にいらいらすることが多かったから行くまではどちらかというと嫌いになりかけてて、ここで姿見て嫌いになるのかなと思っていた。レンタル信五にやられてたのもあって、正直今回は村上くん見に行くつもりで昔に作ったヒナうちわ持とうと思ってた。でもいないって知ってから涙が止まらなかったし、この時結局キンブレは緑で、使い始めてかれこれ6年目の彼のうちわを持ってる自分がいました。
 
ほんでキャンジャニで冒頭のすば子のパートのとき明らかに不自然に人一人分場所が空いてて、ああここにいたんだなって…振り付けほんとに女の子のアイドルみたいで、これを踊ってるの見たかったって思ったしつらかった。
この曲水の演出がすごかった。これは引きで見るからこそわかったことだった。
バリンタンも少クラで見たなあでも生では見られないんだと改めてその事実を突きつけられた気がした。
 
第二波は夏の恋人だった。これほんまに見たかったなんでおらんねんやろうなんで見れへんのやろうって一曲ずっと泣いてた気がする。横山や村上くんがダンス一人二役やったりとかしてくれてるのは見えた。このとき大分気が動転してたから、さすがに誰がダンスの代わりだったというのは見間違えてると思っていたのですが、後からいろんなレポを拝見したらどうやら合っているらしい。自分の記憶力捨てたものじゃない。そしてダンス曲であろうが本来ヲタクが踊るべき曲であろうが双眼鏡構えて何年も見続けてきた、あの肘膝から下が大体ふにゃふにゃなダンスを、自分は自分が思ってる以上に欲していたんだなと気づいた。
 
 
続きます。すみません。